サプリメント日記

亜鉛と健康の関係

必須ミネラルの亜鉛、どのような働きがあるのでしょうか?

まず、亜鉛は味覚を正常に保つ働き、また皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素で、おもに骨、肝臓、腎臓、筋肉に存在しています。

新陳代謝に必要な反応に関係する多種類の酵素をつくる成分になるほかにも、タンパク質の合成や遺伝子情報を伝えるDNAの転写に関わっている栄養素です。

そのため、細胞の生まれ変わりが活発な所では亜鉛が必要とされています。

亜鉛は不足すると味覚障害が引き起こされると言われています。

味を感じる”味らい”といわれる器官の細胞は新陳代謝が活発なため、亜鉛が不足すると細胞の生まれ変わりに支障をきたし、味覚の低下が起こるとされています。

ダイエットなどで食事量が少ない状態が続いたり、偏った食事をしていると亜鉛不足が原因の味覚障害になる可能性があります。

近年、特に若い女性に亜鉛不足が多いと言われており、無理な食事制限には気を付けた方が良いでしょう。

また、高齢者での亜鉛不足は免疫力の低下につながると言われています。

魚介類に多く含まれている亜鉛ですが、その中でも”牡蠣”や”うなぎ”はとくに量が多い食品とされています。

亜鉛の過剰摂取は銅欠乏性貧血を起こす可能性がありますので、サプリメントなどで摂取する際は摂取量などには十分に注意してください。